売り手の手数料がどうして違うのでしょうか?

<一般的な販売の場合>

売り手は、仲介会社に仲介手数料を支払います。手数料は販売価格の3%。仲介会社を介さずに自分で家を売ってお金を節約しようとする場合、専門知識や販売広告活動等が必要となり、相当の労力と費用が必要になります。

<暮らしべ長者への販売の場合>

仲介手数料の代わりに、サービス手数料を請求します。サービス手数料7.5%はご自宅の商品化にかかる費用、ご自宅の維持管理費用、二重にかかる重複費用、瑕疵担保リスクを含みますので、最終的にご自宅を売却する費用をカバーします。

内覧対応およびご自宅の商品化準備費用とはどういうものですか?

<一般的な販売の場合>

通常、ご自宅を販売する前に、買い手を引きつけるためにご自宅を「商品としての準備ができている」状態にする必要があります。「ご自宅の商品化」にお金を払うことは必須ではありませんが、多くの場合推奨されています。これには、ご自宅の掃除と整頓、不必要な家具の撤去、新しい壁紙、フローリングのワックス、または、リフォームされた備品や電気設備などのタッチアップ費用が含まれます。
これらの費用は販売価格の1%と見積もっていますが、ご自宅の現状次第では大幅なリフォームが必要となり、想像以上に高額になってしまう可能性があります。

<暮らしべ長者への販売の場合>

「ご自宅の商品化」の費用はかかりません。私たちは、あなたのご自宅の特徴、状態、現在の市場動向などの重要な要因に基づいて、競争力と確実性のある売却価格を提供します。

売り手がかなり譲歩しなければならないのですか?

<一般的な販売の場合>

「買い手を見つけました。所有者さんおめでとうございます」…しかし、ちょっと待った!買い手はいつも値下げ交渉を求めてきます。多くの場合、住宅ローンの資金調達の条件付きでの購入希望になります。値下げ交渉に応じ、さらに、住宅ローン審査の条件付きの不確実な契約となります。
また、一般的な住宅取引で買い手が求める値下げ交渉は平均で販売価格の約2~3%を要求することが多くあります。

<暮らしべ長者への販売の場合>

値下げ交渉や資金調達のリスクを心配する必要はありません。値下げ交渉や資金調達の不確実性に振り回されることはなく確実な売却価格を手に入れることができます。

修繕費用はどのくらいかかるのでしょうか?

<一般的な販売の場合>

売却価格に同意したのち、売り手は通常、自宅に欠陥がないか聞き取り調査を受けます。売り手は自分で修繕を依頼するか、修繕の見積もり費用に相当する金額を差し引く場合があります。修繕の交渉はストレスであり、コストを事前に予測することはとても困難です。

<暮らしべ長者への販売の場合>

修繕する必要はないので修繕への労力、ストレスは発生しません。代わりに、ワンクリックで査定を依頼するだけで、その後、無料の「ご自宅診断」を実施します。診断で必要な修繕が見つかった場合、売却価格から修繕費用を差し引きますので、一般的な販売で発生する可能性のある一時的な自己負担の修繕費用を回避できます。
最後に、あなたが理想のスケジュール通りに引き渡しを行えるよう、引き渡し後に修繕作業を行います。気が変わった場合、または、修繕依頼に同意できない場合は、違約金なしでいつでもキャンセルできます。

住宅諸経費と重複費用はどのくらいなのでしょうか?

<一般的な販売の場合>

売り手側、買い手側の希望する引き渡しのタイミングが完全に一致することはほとんどないため、マンスリーやホテルなどの短期レンタルや二重住宅ローン等の仮住まい住宅コストを見落としがちです。また、買い手側のスケジュールを優先した結果、本当に納得のいく新居を手に入れられなかった場合、追加の引越し費用を支払う必要があります。または、移行期間中にリースバックの交渉をする必要が発生する場合もあります。

<暮らしべ長者への販売の場合>

いつでも思い通りのタイミングで引き渡しができます。一度希望した日程に何か問題が発生した場合は、その日付を柔軟に変更できます。移行期間中の短期レンタルや二重住宅ローンなどの追加費用を回避します。

瑕疵担保責任とはどういうものですか?

<一般的な販売の場合>

通常、引き渡し完了から1年間、売り手は買い手に隠れた瑕疵について責任を負います。将来、何も発見されなければいいのですが、思いもよらないことが発生してしまう可能性はゼロではありません。万が一、瑕疵担保責任を負うことになった場合、一般的に販売価格の約2~3%の費用負担を要求されることが予想されます。

<暮らしべ長者への販売の場合>

私たちとの取引は、瑕疵担保責任を負う必要は一切ありません。提示価格がそのものであり、将来、不確実な費用負担が発生する心配はまったくありません。

暮らしべ長者のサービス手数料と一般の仲介手数料の違いを教えてください

一般的な販売プロセスには多くの未知のものがあります。私たちが提供するサービスはシンプル、確実、そして便利です。そのサービスの対価として、サービス手数料を請求します。 よくある誤解は、私たちのサービス手数料は仲介会社の仲介手数料よりも高額なため、一見、一般的な販売のほうが費用は安く見えてしまうということです。上記で概要を説明したコスト削減を提供する全てのサービスを検討する場合、ハウスマークと取引することで純収益を増やし、ストレスなくご自宅を売却することができます。

暮らしべ長者のサービス手数料には何が含まれますか?

サービス手数料の大部分は、マーケティング費用などの仲介会社の仲介手数料に通常見られる費用と、次の買い手との取引に支払う仲介手数料3%の支払いに役立てられます。 一般の仲介会社とは異なり、家の所有に関連する保有コストをカバーしています。そのため、ハウスマークと取引をすると思い通りのタイミングで確実に売却し、次の家へ引越しできます。 このサービスを実現するために、市場動向データを使用して家を売るのにかかる時間を予測します。次に、私たちが家を保有する諸経費を計算します。最後に、フリクションレス(摩擦がない、サクサクと物事が進む)なサービスを提供するために請求する金額は、総サービス料金の中の約3%です。

暮らしべ長者のサービス料金7.5%

3%
3%
1%
0.5%

3%の販売手数料

一般の販売と同様に、次の販売時に仲介手数料として仲介会社に支払われる。

3%の提供価値

暮らしべ長者のサービス料が請求され、心配とストレスのない取引が提供されます。

1%の保有コスト

固定資産税、火災保険料、金利およびメンテナンスのコスト

0.5%の販売マーケティング費用

「ご自宅の商品化」コスト、内覧対応の時間・労力のコスト